お客様の声

小澤様インタビュー

現在、ご長男様がスイス留学されている大手IT企業役員の小澤様に、留学の目的・経緯や、留学中のお子様の様子、将来への展望を含め、多方面からご質問させていただきました。スイス留学にあたっての保護者様・お子様のお考えや、留学中の様子が具体的に分かるお話で、留学をご検討の方には大変参考になる内容です。ぜひご一読下さい。

Q.

お子様の教育において、最も重視されている点は何ですか?

人として行動を起こす際に「What」と「How」の組み合わせが大事だと考えています。
「What」は持って生まれた力に加え、生まれてからの多様な経験や友達によって作り上げられると考えているので、親として多様な経験と友達を得ることができるように努力しています。
また「How」については5つの力を身に着けさせたいと思っています。
コミュニケーション力、プレゼンテーション力、英語力、中国語力、プログラミング力です。

Q.

日本での教育を受けさせるのではなく、留学させようと思った理由は何ですか?

日本よりも多様な経験と友達を得ることができると考えました。
また、語学を身に着けさせるためでもあります。
その結果として、世界で活躍できる人材になる確率を高めることができればと考えています。

日本の教育は非常に水準が高いと思っていますが、世界で活躍できるための教育としては留学のほうが成功する確率が高いと考えています。

Q.

留学先をスイスに決めた理由は何ですか?

どうせ留学するなら最高の環境の学校にしようと考えていました。あまり知識があったわけではないのですが、知り合いからスイスを勧められ、まずはどんなものかと思いサマースクールを経験させました。子供は英語が話せるわけではなかったのですが、世界中から生徒が集まるスイスの学校はしっかりとサポートしてくれることがわかり、スイスの良さを実感しました。いよいよフルタイムの留学先を考える際にFESさんと出会い、学校のスタッフを紹介いただき、その後学校訪問をしたところ、子ども自身が気に入った学校を選びました。

Q.

まずはサマースクールに通っていますが、その時の感触はどうでしたか?

初めてのサマースクールは7歳でした。全く英語が話せないままでしたが、学校のサポートもあり、なんとか3週間を過ごすことができたようです。その後8歳、9歳の時は7週間ほど行ってました。最初の1週間は寂しいようですが、友達ができたあとは楽しくなるようです。

Q.

若干10歳のお子様を長期留学に出すことに、不安はありませんでしたか?

不安はありましたが、サマースクールでの経験が親子共々大きく、なんとかやれるのではないかという感覚がありました。また、なにかあればFESさんが現地サポートをしてくれるということは非常に大きな安心感がありました。

Q.

留学中(現在)についてお聞きします。

1. 学校での様子は?
友達との学校の生活が本当に楽しいようです。本人とのコミュニケーションと学校からのレポートやSNS、FESさんの現地サポートから様子を知ることができます。

2. どの程度の頻度でコミュニケーションを取られていますか?
LINEやSkypeで土日を中心に連絡を取っています。

3. 帰国の頻度は?
長めの休みは夏休み、年末年始、春休みの3回です。それ以外にもちょこちょこ休みがあるので、帰ってきたり、帰ってこない場合は学校がアレンジする旅行に参加しています。

4. 事前の予想と違う点は?
想像していたよりも学校と友達に馴染んでくれたことは大きな喜びです。友達ができなかったらどうしよう、勉強についていけなかったらどうしようと思いましたが、全く杞憂でした。
それから旅行が非常に多く驚きました。羨ましいくらいです。

Q.

留学後のお子様の変化を教えてください。

英語がほぼ話せないまま、10歳で海外かつ4人1部屋での共同生活という状況を経験したことにより、どこでもやっていける自信がついたようです。新しい経験に対して不安よりも楽しみという気持ちを強く持てるようになったようで、今年新しい学校に転校するときも、とにかく新しい友達と学校が楽しみで仕方ない、と言っていました。心が強くなったと感じています。

Q.

スイス留学させてよかったと思った点は何ですか?

ほかの国と比較しているわけではありませんが、とにかく学校のサポートが素晴らしいです。世界中の素晴らしいご家庭のお子さんが来ていることもあり、スタッフの方々や施設のクオリティも非常に高く、イジメや差別の排除も徹底されています。もちろん授業のクオリティも素晴らしいです。そして、多感な時期に生活を共にすることにより、将来にわたって付き合いを続けることができる友達を作ることができているようです。

Q.

留学前と留学後で親子関係に変化はありましたか?
また、ご自身の変化があれば教えてください。

大きな変化はありませんが、コミュニケーションが決められた時間に凝縮されることで、とても質が上がりました。また日本に帰ってきた時はできるだけ一緒に旅行をするようにしています。

Q.

今後、お子様にはどのように育って欲しいとお考えですか?

日本にとどまらず、世界中をフィールドにやりたいことをやり続けられる人生を送って欲しいです。

Q.

大学進学はどちらの国をお考えですか?

現時点では親子共々アメリカがいいと考えていますが、子供の意思を尊重したいと考えています。

Q.

FESについてご感想は?

あらゆる面におけるきめ細やかなサポートに心から感謝しています。私ども、親が英語に対して不安がある状態ですが、まったく問題なく子供を留学させられています。また学校と非常に素晴らしい関係を構築されておることも特筆すべきことです。定期的に学校を訪れ、様子をみていただけることも助かっています。
FESさんがなければまだ留学をさせてなかったかもしれません。

Q.

最後に、ズバリ、スイス留学はオススメできますか?

おススメです。悪いところが一つもありません。下の息子も行かせる予定です。
ただ当然それに対する少なくない費用もかかります。
よって、親として頑張って働かなければ!というモチベーションを維持できるという効能もあります(笑)。

小澤様、貴重なご意見をありがとうございました!

スイス留学 お客様の声:インタビュー

小澤氏と息子様えがお君

スイス留学 お客様の声:インタビュー

奥様、えがお君、ボーソレイユ校長 Mr. Foyle、FES河野

スイス留学なら実績のFES | 幼稚園 小学生 中学生 高校生

留学コンサルタントにご相談ください

ヨーロッパ在住のコンサルタントが、あなたの疑問にお答えいたします。お気軽にご連絡ください。
現在、FESスイス留学センターにて、ジュネーブを拠点としながら、スイス-日本を往復。人脈は各ボーディングスクールの代表・学校長をはじめ、現地金融機関、ホテル等と多岐にわたる。 経験者ならではの実体験に基づくコンサルティング・サポートと、欧州ベースならではのフットワークの軽い現地サポートを得意としております。

河野 瑠衣

スイス専任コンサルタント(スイス在住)

コンサルタントに問い合わせる